駿府踟(すんぷねり) トップページ お踟について 参加者募集 次回の予定 アルバム 駿府芸能保存連合会

お踟について
About

静岡浅間神社廿日会祭の由来について

 この地には古くから、神部神社と大歳御祖神社が祀られていた。
 延喜元年(901年)醍醐天皇の勅願により、富士山本宮から勧請され、富士宮浅間神社の分霊を遷して、「富士新宮」と呼ばれてきたものであるが、何時の間にかこの浅間神社が、賤磯山神域全体の代名詞となったものである。
 駿府は、もともと今川氏の所領であったが、徳川氏が天下を取った後、慶長12年 (1607年)家康公がこの地に隠居し、駿府城の造営と’町割りの編成に着手し「駿府96ヶ町」を完成させたが、静岡浅間神社への信仰厚く、数々の保護援助を代々行っていたという。
 明治雑新により、徳川幕府の保謹が受けられなくなり、稚児舞楽は廃止を余儀なくされていたが、明治27年廃止されていた建穂寺(たきょうじ)の稚児舞が復興され、この時から太埼暦の今月1日から5日までの5日間の祭となり、同時に建穂寺の雅見舞から静岡浅間神社稚児舞へと変化したのである。
 然し「廿日会祭」の名称はそのまま今日に継承されてきている。

廿日会祭 ( はつかえさい )と稚児行列の由来

静岡浅間神社の例大祭[=廿日会祭 ( はつかえさい ) ]は、毎年4月1日より5日まで桜花爛漫の中、各種神振行事とともに繰り広げられます。
中でも5日の例祭には、静岡県指定民俗文化財で徳川家康公ゆかりの「 稚児舞楽( ちごぶがく ) 」を奏することで知られ、市中には町衆は踟 ( ねり ) と呼ばれる山車屋台を繰り出し、祭礼期間中約40万人の人出で賑わいます。
廿日会祭は、旧暦2月20日に行われていた「お会式」が起源で、江戸時代まで神仏両部で祭事が営まれていましたが、明治の神仏分離により、廿日会祭と名称が変更され、祭日も新暦の4月5日と改められました。
この稚児には幕臣の子弟が選ばれ、当日は年行事 ( 一年間の祭礼行事を司る役 ) が建穂の村に出向き、稚児に七度半のお出ましをたてたといわれ、稚児一行が浅間神社へ向かう行列は10万石の格式が与えられました。
また、安西川原 ( 現在の安西五丁目 ) で 一行を出迎え、稚児を慰める木遣や面踊りなどを披露しました。
明治維新に際して、建穂寺が廃寺となったため、建穂からの行列は行われなくなり現在は、市内中心部の 小梳神社 ( おぐしじんじゃ ) と別雷神社 ( いかづちじんじゃ ) を毎年交互に出発し約2キロの道のりを、稚児の乗る輿を中心に山車屋台を従えて、総勢1000名にも及ぶ大行列となって浅間神社まで参ります。
神社に到着すると、稚児の前で木遣やお囃子、面踊りなどが披露され、午後3時半ごろから舞殿において、愛らしくそして優雅な稚児舞楽が奏でられます。

お踟(おねり)の始まり

静岡浅間神社の廿日会祭は、神社と氏子という周辺坤区の人々の間で、しめやかに行われていたものであるが、徳川家康公が駿府に隠居所を構えてから、たまたま服織村の建穂寺(たきょうじ)を訪れた時、演舞された稚児舞をいたく気に入り、駿府の町奉行彦坂九兵衛に命じて、この稚児舞を静岡浅間神社の廿日会祭に招んで、舞殿において「稚児舞楽」を奉納することとした。
駿府の町奉行彦坂九兵衛は大御所公の肝入りということで、町役人や町民に号令して山車や屋台を造らせ、安西五丁目の建穂ロ(たきょうぐち)に稚児舞一行を出迎えて労い一緒に行列をつくって静岡浅間神社へ縁り出したのが「お踟」の始まりで、各町内がめいめいに趣向をこらして練り歩く仮装行列的なものであったのが、令の「お踟」の原点となったものである。
然し、これより以前、戦国時代の公家山科言継は、弘治3年2月22目(1557年)に、雨で延期された廿日会祭の稚児舞楽を浅間神社で見物したという記録もあるので、家康公のこの伝説は、後の世になって作られたものだともいわれている。

明治維新の動乱により、徳川奉府の保護も受けられなくなり、焼失した建穂寺の廃寺とも重なり、稚児舞も「お踟」も一時廃絶を余儀なくされたが、廿日会祭の神事は古式どおりに執り行われ、明治6年太陽暦の採用と共に、旧暦2月20日の廿日会祭を陽暦4月5日と定めた。
維新後次第に時代も落ち着いてきた明治27年2月静岡市民有志達が、静岡浅間神社復興趣意書」の下に集まり、かつての廿日会祭の盛時を偲び96ヶ町に復興協力を呼ぴかけ、古式を尊重して「お踟」を復活し安倍河原(安西五丁目)に再びお稚児さんを出迎えて賑わいを再興したもので、これからお踟はどこだ、安西五丁目』と威勢よく囃されるようになった。